銀歯が気になる~メタルフリー治療~

金属を使わない、安全で安心なメタルフリー治療

意外と知られていませんが、従来の虫歯治療で使用されてきた「銀歯」と呼ばれる金属の詰め物や被せ物は、経年によって劣化し、全身の健康にさまざまな悪影響を与えることが明らかになっています。

金属を使わない、安全で安心なメタルフリー治療

世田谷区の駒沢大学駅・三軒茶屋駅から通える歯医者「星野歯科駒沢クリニック」では、銀歯でお悩みの方や金属アレルギーが心配な方にも安心して治療を受けていただけるよう、セラミックやレジン(歯科用プラスチック樹脂)といった安全性の高い素材を使用したメタルフリー治療をご提案しています。

銀歯が引き起こす金属アレルギーの危険性

銀歯が引き起こす金属アレルギーの危険性

アクセサリーなどの金属が皮膚に触れたり、何らかの理由で金属イオンが口から取り込まれたりすると、人体がアレルギー反応を起こすことがあります。「まさか」と思われるかもしれませんが、従来の虫歯治療でよく使われていた「銀歯」も例外ではありません。金属アレルギーの心配がある方は、古い銀歯を取り替えるなどの対策をとったほうがよいでしょう。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状は人によってさまざまですが、以下のような症状にお悩みの方が多くいらっしゃいます。

皮膚のかゆみ・肌荒れ アレルギー性皮膚炎 じんましん
味覚障害 口内炎 シミ・しわの増加
肩こり 頭痛 倦怠感

アレルギーとは無関係のように思える症状が、実は金属アレルギーが原因だったというケースもあります。気づかずに治療が遅れると症状はさらに悪化してしまいますので、体調に変化を感じたら「銀歯」を疑ってみることをおすすめします。

アレルギーを起こしやすい金属

アレルギーを起こしやすい金属

さまざまな歯科治療を行ってきた患者さんの中には、複数の金属素材を使用しているためにアレルゲンを特定しにくいという方もいらっしゃいます。まずは、金属アレルギーのリスク大きい金属を使用しているものからメタルフリー素材に交換し、アレルギー症状の改善が見られるかどうかを判断しなければなりません。

  • アレルギーを起こしやすい金属
  • アレルギーを起こしやすい金属

保険が適用される虫歯治療でかつて一般的に使われてきたアマルガムは、溶解度が高くアレルギーを起こしやすい物質です。次いで銀合金、ニッケル、コバルト、クロムなどが続きます。それとは対照的に、生体親和性が高いとされる金(ゴールド)やプラチナ、チタンはアレルギーの危険性が低い金属です。

金属アレルギーをチェック

金属アレルギーをチェック

症状には個人差があますが、ひとつでも当てはまれば金属アレルギーが疑われます。まずは皮膚科を受診し、パッチテストなど行ってもらいましょう。金属アレルギーと診断されたら、金属を使用して治療した部分をセラミックなどのメタルフリー素材に交換することをおすすめします。

「金属」と「メタルフリー(非金属)」のメリット・デメリット

メリット デメリット
金属
  • 保険が適応されるものなら、比較的安価で治療ができる
  • 硬い素材のため強度があって丈夫
  • 柔軟性がなく、衝撃に弱い
  • 経年によって劣化しやすい
  • 金属イオンが溶けることで、歯ぐきが黒く変色することがある
  • 金属アレルギーの原因となる可能性がある
メタル
フリー
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 金属イオンが溶け出さないので歯ぐきが黒く変色しない
  • セラミックやレジンは白い素材なので、金属と違って目立たない
  • ほとんどの審美歯科治療は保険適応外のため、治療費が高くなる
  • 金属よりも強度が劣る素材もあるため、症状・部位・治療法などによっては使用できないことがある

当院おすすめのメタルフリー素材

e-max (部分的な詰め物や被せ物の修復)

e-max

e-maxはセラミックスの審美性と強度を持った、セラミックスです。自然な見た目、天然歯に近い硬さ、できあがりの早さなど、多くの優れた特性があります。金属の詰め物からの入れ替えにも適用でき、小臼歯・大臼歯を問わず虫歯治療に使用可能。もちろん、金属アレルギーの心配はありません。

ジルコニアクラウン

セルコンZ冠

金属の代用としてあらゆるケースに使用できます。強度が高く耐久性のある白色の素材です。差し歯やブリッジ、奥歯の被せ物として使用します。オールセラミックの一種であるジルコニアを素材としており、金属と同等の硬度を有しながらもアレルギーの心配はゼロ。土台が不要なので、歯を削る量も最小限で済みます。仕上がりの美しさも特長です。

見た目を自然に美しく審美歯科へは当院の専門サイトをご覧ください。

ページTOPへ